TOP > 後見人活動

後見人活動 (賠償責任保険加入済)

三松会は(困っている方をたすけよう!)を活動理念として、日夜活動する、NPO法人です。

この様な事で、心配の方お困りの方相談ください

  • 近くに身寄りが無いので何かと心配だなあ。
  • リフォーム業者などに、色々言われ断れないので、困っている。
人物イラスト3
  • 入院や、施設入所の時の身元引受人が、いないなあ。
  • 一人住まいなので、何かあったら困るし、心配だなぁ。
人物イラスト1
  • 夫婦とも高齢なので何かと心配だなあ。
  • 親族が居ても、皆遠方なので心配だなぁ。
人物イラスト2

後見人部の活動

日常生活を送る中で、心配事、不安な事がある方は、近くの民生委員さん、各地の市町村役場、支援センター、病院、施設の担当者様等にご相談の上ご連絡ください。
事前にご連絡頂ければ、三松会のパンフレットを、送付させていただきます。

  • 希望の方とは必ず面談をさせて頂き、当会が身元引き受け等の必要が有るか否かの判断をさせていただきます。
    引き受けの必要が有ると判断される場合、入院、入所等の際の身元引き受けをいたします。
  • 又、金銭、財産等、管理の必要性のある方は、成年後見人制度に則り、任意後見、法定後見等の契約後、後見人対応をいたします。
    (いずれも、NPO三松会が法人で対応いたします)
  • 後見契約の際に必要な経費は、自己負担になります。
  • 法定後見の場合は、申し立て人が必要になります。
  • 原則としてアパートの保証人はいたしません、ケアハウス等、どなたかの管理の施設には対応いたします。
  • 報酬については、現在は無報酬ですが、三松会の活動、維持、継続の為、経済状態の許せる方は、希望者の生活に支障のない程度で、協力をお願いする場合があります。
  • 歩行困難の方も、三松会は、日本財団より助成を頂いた車椅子電動リフトカーがありますので、心配いりません。
  • 親子、兄弟間等のトラブルによった内容は対応出来ないので、三松会にお願いする等の場合はお断りすることがございます。
車椅子電動リフトカー
車椅子電動リフトカー
後見人部門での対応人数
(平成30年6月現在)
法定後見21名
任意後見98名
身元引き受け450名
合計569名

三松会のご依頼へのしくみ

ご利用される場合は、行政・施設・支援センター・病院の相談員等に相談依頼をし、利用依頼はそちらを通して行なって下さい。

三松会のご依頼へのしくみ